• HOME>
  • 取扱業務紹介

後藤・鈴木法律事務所は、以下の各分野において、弁護士と事務スタッフが互いに協力しながら、ご依頼主の皆様に質の高いリーガルサービスを迅速に提供しております。

企業法務

企業法務の分野におきましては、予防法学的見地から、契約書の作成・チェック、法的意見書の作成、契約の相手方との交渉、債権の管理・保全など、企業活動を行う上で不可避的に生じる法的問題を取り扱っている他、企業間取引を巡る訴訟案件につきましても、広く取り扱っております。
また、株主総会の運営や株主代表訴訟などについても、法令はもとより、これまで蓄積した経験に基づき適切なリーガルサービスに努めております。

労働事件(使用者側限定)

多くの従業員を雇用する企業においては各種の人事上の法的問題が不可避的に発生いたしますが、当事務所では各企業からのご相談に適切に対処するとともに、訴訟、仮処分、労働審判等につきましても、法令はもとより、これまで企業の代理人として数多く取り扱ってきた経験をもとに、適切なリーガルサービスに努めております。
また、争議行為や団体交渉等に関するご相談に応じるとともに、労働委員会における各種手続き等についても企業の代理人として数多く取り扱っております。

行政事件(行政側限定)

行政事件の分野におきましては、複数の官庁・地方公共団体からのご相談をお受けしているほか、行政側の代理人として、行政事件を取り扱い、円滑な行政の推進に寄与しております。

一般民事事件・家事事件等

個人のお客様からの多種多様な案件(婚姻関係、相続等に係る紛争、交通事故、債権の回収、債務の処理、不動産を
巡る各種の法律上の問題等)に関するご相談や、訴訟についても広く取り扱っております。
また、ペットに関する法律問題を取り扱っていることも当事務所の特色です。

講演活動

企業法務あるいは労働法の分野を中心に、各種セミナーや講演会におきまして、講師として講演活動を積極的に行っております。