• HOME>
  • 新着情報

愛知県外からのご依頼について。

弊所は、法律相談や事件の受任、法律顧問契約等について、全国対応いたします。
最近、愛知県から遠方にお住まいの方や企業、地方公共団体、獣医師等からの、法律相談や事件の受任、法律顧問契約等に関するお問い合わせが増えております。
そのような中、弊所はすでに全国各地の企業・地方公共団体・獣医師・その他一般の御依頼者様から継続的に事件の受任や顧問契約等を締結している実績があり、WEB会議システムや電話、メール等での迅速な対応や、必要に応じて全国に担当弁護士が実際に赴く体制も構築しておりますので、ご安心の上、お問合せ下さい。

籾山陽香弁護士が愛知県の動物取扱責任者研修会の講師を務めます。

動物の愛護及び管理に関する法律及び同施行規則により、動物取扱業者は動物取扱責任者に都道府県知事が開催する動物取扱責任者研修を受けさせなければならないとされていますが、籾山陽香弁護士が本年度の愛知県の同研修会の講師を務めることになりました。法の趣旨に則り適切に講師を務めて参ります。

鈴木智洋弁護士がクレーム対応についての講演会を行います。

鈴木智洋弁護士が、令和4年9月7日に開催される、愛知県公立図書館長協議会(愛知県内の公立図書館(69館)の館長を構成員とする団体。)及び愛知図書館協会(公共図書館・大学図書館・専門図書館・公民館図書室等の施設会員等で構成される図書館団体)が合同で開催する研修会において、「図書館におけるクレームへの法的対応〜利用者との良い関係を構築するために」と題する講演を行います。
今回は、公立図書館の図書館長や愛知県内の公共図書館や大学図書館などの職員を対象とした講演会ですので一般の方は参加できませんが、クレーム対応に関する講演会、セミナーを随時行なっておりますので、興味・関心のおありの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

鈴木智洋弁護士が執筆した記事が雑誌「CAP」に掲載されました。

鈴木智洋弁護士が、株式会社緑書房が発行する臨床獣医師向けの雑誌「CAP」において連載する「獣医師&動物病院のための法律相談所」の第3回が、本日発売の9月号に掲載されました。
第3回も、第1回、第2回と同様、本年6月から施行された愛玩動物看護師法についての解説(今回は、主に、愛玩動物看護師の労務管理について)になります。臨床獣医師の先生方にとっては、極めて重要な法律となりますので、是非ご覧ください。

https://www.midorishobo.co.jp/hpgen/HPB/entries/5.html

鈴木智洋弁護士が雑誌「CAP」の座談会に参加いたしました。

現在、鈴木智洋弁護士が連載を行っている、月刊「CAP」において、「現役獣医師らと鈴木弁護士による動物病院経営事務を踏まえたコンプランス対応等について」と題して行う座談会の様子を掲載することになり、本日、座談会が開催されました。
座談会には気鋭の獣医師3名をお招きし、鈴木智洋弁護士と愛玩動物看護師を巡る問題や動物病院における労務管理の問題などについて議論を行いました。
座談会の様子は、来年に入ってから発行される「CAP」に掲載される予定ですので、ご期待ください。