• HOME>
  • 新着情報>
  • 鈴木智洋弁護士が参加した座談会の記事が掲載されました。

鈴木智洋弁護士が参加した座談会の記事が掲載されました。

鈴木智洋弁護士は平成25年10月から4年間名古屋家庭裁判所において家事調停官(非常勤裁判官)を務めておりましたが、今般、過去に調停官を経験したことがある弁護士6名が集い、調停官の意義などについて意見交換会を行いました。
その座談会の内容を記した記事が、日本弁護士連合会の会報である「自由と正義」2021年5月号に掲載されましたので、興味のある方はご一読ください。