労働安全衛生法が改正されます。

平成26年6月19日に改正労働安全衛生法が衆議院で可決成立しました。主な改正点は、(1)ストレスチェック制度(労働者の心理的な負担の程度を把握するための、医師又は保健師等による検査の実施を義務付けるもの)の創設、(2)受動喫煙防止対策の推進の努力義務、(3)重大な労働災害を繰り返す企業への対応等です。施行期日は6か月ないし2年を超えない範囲内で政令で定める日とされていますが、早めの対策が必要です。
詳細は幣事務所までお問い合わせ下さい。